追憶の辿り着く地

人は過去を振り返る事を好む。そして、やがては辿り着く場所がある…。            とにかく暗いブログです。 閲覧にはご注意を…。

  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--   スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/



  いつの間にか変わっていた
例のホストになった私の友人、その母親と私の姉がこの前会ったようで、また新しい話を聞きました。

私が小学校に入るかどうかくらいの時に、1人の少年が自殺をしました。
その少年と我が家は学区が同じと言うだけでそこまで縁があった訳ではないので、そこまでの過程、そしてそれからの事は何も知りません。
これ自体は私も中学に入る頃に聞いた事があるのですが、いつの間にかその自殺した少年の同級生がもう1人自殺したそうです。

田舎の小学生の1クラスの人数等、そこまで多いものではありません。
私の地域は多くても40人程度です。
その中で自殺者が既に2名いるのです。


「私の同級生で最初に亡くなるのは誰だろうか?」

そして、
「私の同級生で最初に自殺するのは誰だろうか?」


それは友人かもしれませんし、私かもしれません。
私は今それを考えています。
考えた所で何か結論が出る訳ではありませんが…。

 
スポンサーサイト

2010/03/24/Wed 22:37:31   未分類/CM:0/TB:0/



new : 私の知らない人生
MAIN
old : 不意に壊れる世界
COMMENT
COMMENT POST
/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK
  この記事のトラックバックURL:
   http://redfeather.blog59.fc2.com/tb.php/1376-080821aa
MAIN
copyright © 2006 追憶の辿り着く地. All Rights Reserved.
Template Title : 月の雫 -蒼月-  Ver1.1
by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。