追憶の辿り着く地

人は過去を振り返る事を好む。そして、やがては辿り着く場所がある…。            とにかく暗いブログです。 閲覧にはご注意を…。

  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--   スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/



  死ぬ直前の心境
先日、とある場所で自殺がありました。
それが私の通勤経路内(と言うよりはいつも使う路線と並走してる路線)で、自殺があった約10分後に私が通った時にはまだ警察等は来ていませんでした。
ホームの向こう側だった事もあり現場を直接は見ていませんが、飛び込んだ位置やその他の事を考えると生きてはいないだろうとわかりました。

その時は知らなかったのですが、どうやらその自殺者は行政関係の管理者クラスの方だったようです。
人当たりも良く、怨まれるような人間ではないと言う話でした。

その方は自殺をする直前、家族へ一通のメールを送ったそうです。
「今までありがとう」のような悪く言ってしまえばありきたりな内容だったとの話なのですが、実際人間死ぬ間際になったら何を考えるのでしょう。


21歳になって最初の日記がこんな内容というのもどうかと思いますが、最近ニュース等のテレビの中ではなく周りで(と言っても私とは直接縁のない方々ですが)人が死ぬ事が多いので、この話題にしました。

 
スポンサーサイト

2010/11/03/Wed 01:41:28   未分類/CM:0/TB:0/



new : 考えすぎだとは思っている
MAIN
old : 親と子
COMMENT
COMMENT POST
/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK
  この記事のトラックバックURL:
   http://redfeather.blog59.fc2.com/tb.php/1396-517a3f62
MAIN
copyright © 2006 追憶の辿り着く地. All Rights Reserved.
Template Title : 月の雫 -蒼月-  Ver1.1
by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。