追憶の辿り着く地

人は過去を振り返る事を好む。そして、やがては辿り着く場所がある…。            とにかく暗いブログです。 閲覧にはご注意を…。

  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--   スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/



  新しい年
新年になりました。結局12月については一件も日記を書かないまま終わってしまいました。

2010年は本当に色々ありました。
良くも悪くも、平穏が好きな私には似合わないくらいに様々な事がありました。
今年はもう少し穏やかに過ごしたいものです。

IMG_3657.jpg

残念ながら、これは2010年12月31日の日の出なので、初日の出ではありません。
今年も例年通り初日の出の時は地下鉄の中です。
 

 
穏やかと言えば、数日前のクリスマスは人生で初めてホワイトクリスマスを体験してみようと思って、雪が舞う山奥の無人駅で過ごしたのですが、あまりに寒くて本当に死にそうになりました。
静かなところが良いと思って山奥の駅にしたのですが、当日の昼から大雪が降ってきて、私が到着した夜には外気温は氷点下4℃でした。
文字通り寝たら死ぬ状況でした。しかし人間と言うものはどうしても眠くなるものです。

もしそこで寝ていたら、私は絶対にここにいません。
危く某所に書いた「25日を過ぎても更新が無ければ、死んだと思ってください」の言葉が現実になるところでした。
昔に比べて本当に寒さに弱くなったものです。

でも帰る時の周りの景色は本当に圧巻でした。
電車が運休になったので最寄りの有人駅までの代行タクシーに乗っていたのですが、その間文字通りモノクロの世界でした。
この時思いました。夜通しじゃなくても、またここへ来ようと。



スポンサーサイト
2011/01/02/Sun 20:35:36   未分類/CM:1/TB:0/



new : 今季は外れだった
MAIN
old : 考えすぎだとは思っている
COMMENT

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.02.24-20:31///EDIT/   


COMMENT POST
/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK
  この記事のトラックバックURL:
   http://redfeather.blog59.fc2.com/tb.php/1398-c83766b8
MAIN
copyright © 2006 追憶の辿り着く地. All Rights Reserved.
Template Title : 月の雫 -蒼月-  Ver1.1
by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。