追憶の辿り着く地

人は過去を振り返る事を好む。そして、やがては辿り着く場所がある…。            とにかく暗いブログです。 閲覧にはご注意を…。

  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--   スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/



  程遠い復興
こんな時間に日記を書いていますが、決して働いていない訳ではありません。
今日は泊まり明けです。

前回の日記でも書いた通り、仙台へ行ってきました。
当日明けだった先輩も偶然別の用事で仙台へ行くとの事だったので、往復の新幹線は一緒に行きました。

仙台駅で別れて、私は仙台市の南に位置する名取市へ向かいました。
あの日に私がテレビで最初に見た津波の映像が名取市で撮影されたものでした。
列車または代行バスで行ける範囲で海の近くまで。と思っていたのですが、海は遠くて結局海へは行けませんでした。
新しい駅前の空き地を利用して大規模な仮設住宅を建設している横を通り、流れ着いたゴミが道路脇に残っている程度の閑静な住宅街を、列車が走らない高架橋を伝って進みました。
人工物が少なくなって田畑が中心になった瞬間に、景色が一変しました。

田畑に残るゴミ、流木に塞がれた道、傾いた電柱、ガラスのない家…
何もかもが手つかずのままで、復興とは程遠い印象を受けました。

地図で表示されている道が実際には通れなかったり、半壊した家に人が住んでいたりと、現実離れしたようなものを見てきました。
現実離れしたようなそれこそが現実なのですが…。
この後は市街地へ戻ったのですが、市街地は復興が進んでいてかつ連休ということもあってか、かなり賑わっていました。

地元の人間でもボランティアでもない私なりの復興支援として、地元のお土産を会社の自分のいる部署全員分(80人強)買って帰ったのですが、やはり会社の多くの方に「よく行ってきたな」と言われました。
私が行ってきたことで、会社の人間内で少しでも東北復興に関心を持ってくれれば良いのですが…。


追記には津波の被災地で撮った写真を3枚載せておきます。
百聞は一見にしかず。これが被災地の現状です。

 

 


 
IMG_4447a.jpg
自動車の内部まで水を被った痕跡がありました。

IMG_4453a.jpg
オフィス用品が散乱した畑。付近に事務所のようなものは見当たらなかったので、一体どこからやってきたのでしょう…?

IMG_4462a.jpg
歩道に残る自動車達。主要道路はこのように自動車や船舶が歩道に残っていて、歩きにくいです。

スポンサーサイト
2011/05/12/Thu 14:59:45   未分類/CM:0/TB:0/



new : 管理人海外へ行く
MAIN
old : 自粛をして、自粛をしない
COMMENT
COMMENT POST
/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK
  この記事のトラックバックURL:
   http://redfeather.blog59.fc2.com/tb.php/1402-38ff3789
MAIN
copyright © 2006 追憶の辿り着く地. All Rights Reserved.
Template Title : 月の雫 -蒼月-  Ver1.1
by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。